ニュース

ストーリーを分解・再構成してチャット風に伝えるデジタルサービス タップするだけでストーリー展開

 企業やブランドのキャンペーンやコンサルティングを行うステッキーはこのほど、伝えたいストーリーをユーザー視点で編集し、LINEやメッセンジャー上で短文のやり取りを繰り返しているような感覚で届けるデジタルサービス「ストーリー チャット」の提供をスタートした。

 「ストーリー チャット」は、スマホユーザーが多くの時間をメールやチャット型のアプリに割いていることに着目。瞬時に理解できるボリューム感、読み進めたくなるリズム、聞きたいことを聞いてくれる質問などを重視して、ストーリーを短文に分解。性別や年齢、ターゲット層の嗜好などを加味して会話調の文体に再構成する。ユーザーは、タップするだけで会話調に再編集したストーリーを読み進めることができる仕組みだ。

 既存のチャットのような見せ方だが特定のアプリは介していないので、企業やブランドは背景などで世界観が構築できるほか、閲覧数や読了率が計測できる。

 ステッキーは先行事例として、 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下のシャンパンブランド「ヴーヴ・クリコ(VEUVE CLICQUOT)」のイベントに「ストーリー チャット」を導入。ブランドや立役者の歴史紹介、イベント体験と連動するストーリーなどを会話調の形式で伝えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら