ファッション

“スーツに見える作業着”のおしゃれ版が原宿でポップアップ 新ラインもお披露目

 スーツに見える作業着“ワークウェアスーツ(WORK WEAR SUIT)”を手掛けるオアシススタイルウェアは3月8~24日、ポップアップストアをアバハウス(ABAHOUSE)原宿店にオープンする。デザイナーズモデルの“ワイゾー(YZO)”と、3月スタートのストリート要素を加えた新モデル“エム・エヌ・ティ(MNT)”のアイテムを販売する。ポップアップの初日と2日目には同社が運営する台湾発のカフェ「春水堂」のタピオカミルクティーを先着100人の来店客にプレゼントする。

 “ワイゾー”は2018年11月にスタート。カモフラージュ柄やアクセントカラー、袖の色を変えたバイカラー仕様などのデザイン性が特徴だ。“エム・エヌ・ティ”はストリートとモードの融合をテーマに、ルーズなシルエットのユニセックス商品を多くそろえる。

 “ワークウェアスーツ”は18年3月に“スーツを作業着にする”というコンセプトのもとスタート。発売の際に公開した動画が「作業着を馬鹿にしている」などと炎上するも、高い機能性とデザイン性が人気を博し、発売当初は単月目標の5倍を上回る売り上げを達成した。同年12月には月額3000円~の法人向け定額レンタルサービスを開始。現在は全国各地の三越伊勢丹でポップアップを順次開催中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら