ファッション

LVMHが擁する投資ファンドが「ガブリエラ ハースト」に出資

 「ガブリエラ ハースト(GABRIELA HEARST)」は、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY- LOUIS VUITTON以下、LVMH)が擁する投資ファンドのLVMHラグジュアリー・ベンチャーズ(LVMH LUXURY VENTURES)から出資を受けた。金額などの詳細は明らかにされていないが、資金はグローバルな展開をさらに推進するために使用される。

 同ブランドは2015年に設立された。ニューヨークでコレクションを発表し、ウィメンズウエアやアクセサリーなどを販売している。売上高1000万ドル(約10億円)以上の黒字経営と見られており、18年にはニューヨーク・マディソンアベニューにあるザ・カーライル・ホテル内に旗艦店を、パリのモンテーニュ通りにあるアパートメントにショールームをオープンした。創業者のガブリエラ・ハーストは、16-17年度の「インターナショナル・ウールマーク・プライズ(INTERNATIONAL WOOLMARK PRIZE)」で優勝し、18年の「CFDAアワード(CFDA AWARDS)」ではウィメンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーのファイナリストに選出されている。夫はハースト・コーポレーション創業者の孫であるジョン・オーガスティン・ハースト(John Augustine Hearst)。

 製品はラグジュアリーとサステイナビリティーの両立を特徴としており、ガブリエラの家族が所有する牧場で生産されたウールなどの素材を使って丁寧に仕上げられている。顧客には、メーガン・マークル(Meghan Markle)=サセックス公爵夫人やレディー・ガガ(Lady Gaga)、デミ・ムーア(Demi Moore)などのセレブリティーも多い。製品はバーグドルフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)やサックス・フィフス・アベニュー(SAKS FIFTH AVENUE)、セルフリッジ(SELFRIDGES)などの百貨店で販売されている他、ユークス ネッタポルテ グループ(YOOX NET-A-PORTER GROUP)が運営するラグジュアリーファッションECサイト「ネッタポルテ(NET-A-PORTE)」のようなオンラインストアでも取り扱われている。

 LVMHラグジュアリー・ベンチャーズは、注目ブランドの少数株主となることに力を入れており、1件当たりの投資額は200万~1500万ユーロ(約2億4800万~18億6000万円)程度。「ガブリエラ ハースト」は3件目の投資だが、アパレルブランドが対象となったのはこれが初めてだ。過去には仏コスメブランドの「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(L’OFFICINE UNIVERSELLE BULY)」と、スニーカーのリセールストア「スタジアム・グッズ(STADIUM GOODS)」に投資しており、「スタジアム・グッズ」は後にラグジュアリーECのファーフェッチ(FARFETCH)により買収された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら