ファッション

米「ファーストダウン」をPOGGYセレクトのクリエイターが再構築

 「フリークス ストア(FREAK’S STORE)」などを手がけるデイトナ・インターナショナルは、米ダウンジャケットブランド「ファーストダウン(FIRST DOWN)」のポップアップストアを東京・青山のOPEN STUDIO ANNEXで12月7〜25日に開催する。小木“POGGY”基史がセレクトした国内外のクリエイターらが「ファーストダウン」を再構築し一点モノを制作するプロジェクトだ。

 「ファーストダウン」は1980年代にアメリカで誕生。88年発行の人気ヒップホップ専門誌「The Source」への広告掲載や、有名ヒップホップアーティストの着用などで認知を拡大し、優れたデザイン性と高い機能性でアウトドアとタウンユースの両方で高い支持を集めた。ブランドは一時休止していたが、2018年秋冬シーズンから再スタートした。ファーストコレクションは、テープ使いやリバーシブルのデザインが特徴的なバブルダウンジャケットを中心に定番モデルをラインアップ。「フリークス ストア」ではそれら復刻版に加え、別注アイテムをそろえて好評を博している。

 小木“POGGY”基史がセレクトした国内外のクリエイターは、「シュプリーム(SUPREME)」や「ナイキ(NIKE)」ともコラボ経験のあるエアブラシを使った作品が特徴の米アーティストPHADEや、リメイクブランドの「レディメイド(READYMADE)」の他、「ア ラブ ムーブメント(A LOVE MOVEMENT)」「ユウミアリア(YUUMI ARIA)」の4組。同ポップアップストアでは、これら一点モノだけでなく復刻版や別注アイテム(1万1000〜3万7000円)も販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。