ファッション

EXILE NAOTOの「スタジオ セブン」が中目黒に路面店 内装はNIGO(R)が手掛ける

 EXILEのNAOTOがディレクションするファッションブランド「スタジオ セブン(STUDIO SEVEN)」は12月8日、初の路面店「スタジオ セブン 中目黒(STUDIO SEVEN NAKAMEGURO)」を東京・中目黒にオープンする。店舗面積は約50平方メートルで、内装はNIGO(R)が手掛けた。白を基調とした店内は、ハンガーラックを隠すように高い塀を設置し、実際に歩かないと何が陳列されているか分からない迷路のような空間になっている。天井の照明器具や床には「7」の文字をイメージしたデザインを用いている。

 「『スタジオ セブン』の世界観を感じてもらい、買い物だけでなく空間も楽しめる店にした。ポップアップスペースを設け、1年を通して季節を体感できるようなイベントを企画したい」とNAOTO。

 オープンを記念し、ブランドのアイコンキャラクター“Mr.Confused”をプリントしたスエットフーディー(1万6000円)、Tシャツ(7500円)、トートバッグ(4000円)などの限定アイテムをそろえる。また今後、NIGO(R)が手掛ける「ヒューマンメイド(R)(HUMAN MADE(R))」とのコラボライン「ヒューマンメイド(R)セブン(HUMAN MADE(R)SEVEN)」の同店限定アイテムも販売予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら