ファッション

エルメスによる若手アーティスト展の第2期がスタート 

 エルメスジャポンは、エルメス財団による展覧会「『眠らない手』エルメスのアーティスト・レジデンシー展」の第2期を、銀座メゾンエルメス フォーラムで1月13日まで開催している。

 2010年から主にフランスにあるエルメス(HERMES)のさまざまな工房でアーティストたちが滞在制作を行っている「アーティスト・レジデンシー」の一環で、メンターと共に職人たちの技に触れる機会を提供。「眠らない手」と題し、職人やアーティストの“動き”や“しぐさ”に焦点を当て、計9人の若手アーティストによる作品を展示している。第1期は9月13日~11月4日に開催し、4人が出品した。

 14日に開かれた第2期の内覧会では、エルメス財団のクレモンス・フレイス(Clemense Fraysse)=プロジェクトマネージャー、ガエル・シャルボー(Gael Charbau)=キュレーターがあいさつし、今回出品する5人のアーティストが作品のコンセプトを説明した。

 リヨンのホールディング・テキスタイル・エルメスで学んだビアンカ・アルギモン(Bianca Argimon)は、半透明のモチーフを重ね合わせる手法で一つの絵画を作り上げた。ギリシャ神話に登場する理想郷「エデンの園」が、現代に至るまでに変わり果てた姿を表現。頭を地面にめりこませて現実を逃れようとするダチョウ、ピクセル化してしまった木になるリンゴなどを描き、現代社会への暗黙的な批判を込めた。

 英ノーザンプトンにある「ジョンロブ(JOHN LOBB)」の靴工場に滞在したアナスタシア・ドゥカ(Anastasia Douka)は、住人のほとんどが製靴で生計を成り立たせることから、ノーザンプトンでの芸術は靴職人の仕事そのものであると考えた。職人たちの協力のもと、紫や水色と赤のバイカラー、ビーチサンダル型など、思い思いに作り上げた98足をずらりと並べた。

 その他、ジェニファー・ヴィネガー・エイヴリー(Jennifer Vinegar Avery)は「悪夢」をテーマにリサイクル品や廃棄物で独特の空間を作り上げ、イオ・ブルガール(Io Burgard)は革職人の道具から着想を得たオブジェ群、ルーシー・ピカンデ(Lucie Picandet)は古代エジプトにオマージュを捧げた円状の皮革絵画を出品した。

■眠らない手:エルメスのアーティスト・レジデンシー展
日程:11月15日〜2019年1月13日
時間:月〜土曜日11:00〜20:00(入場は19:30まで)/ 日曜日11:00〜19:00(入場は18:30まで)
定休日:不定休(年末年始は「エルメス」銀座店の営業時間に準ずる)
場所:銀座メゾンエルメス フォーラム
住所:東京都中央区銀座5-4-1 8階
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。