ニュース

「ラックス プレミアム ボタニフィーク」から初のボディーソープが登場

 ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングは、トータルビューティケアブランド「ラックス(LUX)」のボタニカルヘアケアシリーズ「ラックス プレミアム ボタニフィーク(BOTANIFIQUE BY LUX PREMIUM)」から、同ブランド初となるボディーソープシリーズ「ラックス プレミアム ボタニフィーク ボディソープ ボタニカルフラワー」と「同 ボタニカルリーフ」を8月27日に発売する(「ボタニカルフラワー」はEコマースで一部先行販売中)。

 パラベンや合成着⾊料無添加で、厳選した植物由来の成分にこだわり、約5500個のローズヒップから100gしか抽出できない100%アンデス産のピュアオーガニックオイルとオーガニックシアバターを配合。肌に潤いを与えつつ、きめ細かでクリーミーな泡が優しく洗い上げ、滑らかな素肌へと導く。

 エッセンシャルオイルによる“贅沢アロマ”も特徴の1つで、「ボタニカルフラワー」ではフルーティなトップノートからフローラルなミドルノート、⽢く落ち着いたラストノートへ、「ボタニカルリーフ」ではシトラスなトップノートから爽やかなミドルノート、安らぎのラストノートへと変化していく香りを堪能できる。

 またボディーソープシリーズの発売を記念し、千葉県・ヒルトン東京ベイのガーデンプールで7月にプロモーションイベント「ラックス プレミアム ボタニフィーク ボタニカル ナイトプール」を開催した。ゆったりとした⾳楽が流れる雰囲気の中、「ラックス プレミアム ボタニフィーク」の成分のもとになっている花々がプールを彩りアロマの香りが漂う会場では、製品のタッチアンドトライや、同シリーズが提案する夏のトレンドヘアに変⾝するヘアアレンジ体験の他、⾒た目にも美しいノンアルコールカクテルが提供された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら