ファッション

2018年新作水着トレンドは体形カバーと水陸両用

 7月としては14年ぶりに40度を超える気温が観測されるなど、日本列島はしゃく熱地獄。この暑さをしのぐためにプールや海などの水場にいく機会は増えるはずだ。そこで気にしたいのはスイムウエアだ。各ブランドから提案された2018年夏の新作スイムウエアはスタイルが美しく見えるのはもちろん、海やプールだけではないシーンまで想定している。「ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)」は女性の大きな悩みの1つである“ヒップの垂れ”をカバーする水着を、バロックジャパンリミテッドが展開する「リエンダ スエルタ(RIENDA SUELTA)」はバストを盛れる水着をそろえる。また「エンフォルド(ENFOLD)」「マウジー(MOUSSY)」「スイム(SWIM)」「リリパット&フェリクス(LILIPUT & FELIX)」は大人のための水着をラインアップ。泳ぐことよりビーチやプールサイドでゆったりと夏を楽しむことを主眼においている。表面積が大きく、夏フェスやヨガ、トレーニングなどでも利用できる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら