フォーカス

“人財”生かし底上げ ルミネ社長が掲げる5つの戦略

 

 ルミネは1月12日に賀詞交歓会を行い、同質化からの脱却と、付加価値が高く“人財”を生かした事業で、ルミネおよびファッション業界を盛り上げてほしいとメッセージを発信した。
 
 新井良亮ルミネ社長は、ここ数年、セールに頼らない本質的な売り上げと利益の追求を提唱してきた。周辺の商業施設がセールをスタートした中でも、昨年12月末〜1月5日までプロパー販売を継続し、前年比101.2%と健闘。1月6〜11日に実施したバーゲンの売上高は、93.1%と大きく落とした。ちなみに、昨年12月の月間売上高は、前年同月比100.6%だった。

バーゲン対策は抜本的に見直し

 「今年のバーゲンを見る限りマーケットの状況は劇的に変化し、さらに混迷を極めている。気候の変化などが原因の一つに挙げられるが、生産時期や場所、量なども抜本的に見直す必要がある。セールの早期化で在庫処理をする従来のシステムと決別し、売り上げ至上主義から利益重視に転換を図らなければならない。魅力ある商品りに時間と労力をさらに割いてほしい」と、モノ作りへの注力と、大量生産・売り減らし型から、生産リードタイムを短縮化した生産サイクル改革や、完成度の高い商材開発を要請した。

店舗展開は拡大から底上げ強化

 また、店舗展開に関しては、むやみな拡大志向から発想を切り替え、既存店舗のブラッシュアップと売り上げの底上げを促した。「新規店舗で利益を出すには数年がかかる。新たな人材も確保しなければならない。それよりも既存店のリニューアルに投資を割き、これまで培ったモノや“人財”をベースに売り上げの底上げをしてほしい」。さらに、「経営陣には積極的にショップに出向いてもらいたい。劇的に変化するマーケットにショップが対応できずにいる状況を肌で感じ、早期に問題解決のために、正しい方向にかじを切ってほしい。ショップスタッフのモチベーションアップを最大限に高めることも重要だ」と語った。

インバウンドはさらなるサービス強化

 インバウンド対応については、「昨年5月から、免税カウンターをルミネ5館7カ所に設置。ルミネエストに来店するアジア人観光客の約5割が同サービスを活用し、ショップの83%が免税サービスを導入している」として、さらなるサービス強化を図る。

「ニュウマン」の出店テナントの約8割が新宿エリアやルミネ初出店

 3月25日には、新宿新南口に新商業施設「ニュウマン」の開業を控えている。出店テナントの約8割が新宿エリアやルミネ初出店だ。「シャネル」のコスメやフレグランスを自由に体験できる新スタイルのビューティーバーや、ルミネが自社編集する和菓子のセレクトショップ「えんなり」など、新たな取り組みもスタートする。5階に設置する文化交流施設「ルミネゼロ」では、こけら落としイベントとして「シャネル・ネクサス・ホール」とコラボレーションしたオープニングイベントを行う。

海外展開を本格化

 さらに海外展開も本格化する。これまでシンガポールとジャャカルタでリサーチを行ってきたが、3月にシンガポールに現地法人を設立する。物件交渉などを開始し、2年以内に現地でルミネを出店したい考え。将来的には、東南アジアで店舗拡大を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら