ファッション

藤原ヒロシの次はギャルソンの二宮啓 「モンクレール ジーニアス」の第2弾が世界同時発売

 「モンクレール(MONCLER)」は7月25日、「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」から、コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)の「ノワール ケイ ニノミヤ(NOIR KEI NINOMIYA)」を手掛ける二宮啓による“6 モンクレール ノワール ケイ ニノミヤ”を世界同時発売する。国内では、一部の「モンクレール」店舗およびドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などのセレクトショップで取り扱う。

 ブラックにフィーチャーした同コラボコレクションは、二宮の得意とする緻密なデザインと挑戦的なアプローチを応用し、ナイロンとレザーを巧みに掛け合わせた。幾何学的なデザインが特徴で、キルティングやステッチング、アプリケ、ラッフルなどの技法を盛り込んだ。ラウンドスカート、ロングコート、クロップドジャケット、ストール、ブーツなどをそろえる。

 2月にミラノで発表した「モンクレール ジーニアス」は、さまざまなクリエイターによる8つのラインのコレクションを順次発売するコラボプロジェクト。さまざまなクリエイターとの継続的なコラボレーションによって、独創性と多様性を訴える。第1弾として6月14日には、藤原ヒロシによる“7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ”のファースト・コレクションを発売。二宮啓は第2弾となる。8月以降はロンドンデザイナーのクレイグ・グリーン(Craig Green)による“5 モンクレール クレイグ・グリーン”、シモーネ・ロシャ(Simone Rocha)による“4 モンクレール シモーネ・ロシャ”などを順次発売予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら