ニュース

元「ナイキ」デザイナーの「ジョン ガイガー」がバーニーズから日本本格上陸

 バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)はこのほど、米ピッツバーグ出身のスニーカーカスタマイザー、ジョン・ガイガー(John Geiger)が立ち上げたスニーカーブランド「ジョン ガイガー」の日本本格展開を開始した。ガイガーは2011年から約2年間、「ナイキ(NIKE)」で“ズーム(ZOOM)”シリーズのデザインを担当。“ズーム”のアパレルライン終了に伴い退社し、スニーカーのカスタマイザーとして知名度を上げた。インスタグラムでは現在約32万人のフォロワーを抱えている。

 ガイガー初のシグネチャーモデルとなった“001”は17年2月に誕生。これまではアメリカ国内を中心に限られた販路でのみ販売されていたが、日本ではバーニーズ ニューヨークがほぼ独占展開する。ガイガーは「『メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)』のスニーカーは履き心地が良くなかったが、“エア ジョーダン(AIR JORDAN)”は履き心地がよかった。自分のブランドでは、履き心地と機能性を備えたラグジュアリーなスニーカーを作ろうと考えた」と話し、専用のシューズボックスにはラグジュアリーとストリートの間を表現した“MEDIUM”というコンセプトを記載する。黒と赤の2色で、価格は8万8000円と比較的ハイエンドだ。

 “001”はブラインドステッチと呼ばれる製法を利用しており、アッパーには縫い目が出ていない。「縫い目を隠すにはアッパーを一度縫製して、裏返す必要がある。難しい工程が増えるが、できるだけミニマムなデザインを目指した」とガイガー。ソールには“ナイキ エア”を連想させるエアを配備し、履き心地にもこだわった。「ナイキではスニーカーをゼロからデザインすることを学んだ。既に次のモデル“002”もサンプルが上がってきている。スニーカーのカスタムは一旦やめて、自分のブランドに集中する」と意気込む。

 バーニーズ ジャパンの中箸充男ファッションディレクターは取り扱いに至った経緯を「『ナイキ』や『アディダス』ではスニーカーショップと勝負できない。そこで弊社は、新宿店にスニーカーショップのアトモス(ATMOS)と協業したフロア『アトモス ミーツ バーニーズ』を設けている。今回の取り扱いは、それ以外で当店の客層にハマる新しい価格帯のスニーカーの打ち出しを狙ったもの。他のセレクトショップと差別化したい」と説明した。

 「ジョン ガイガー」は六本木店を中心とした全国のバーニーズ ニューヨーク各店で取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら