ファッション

「10匣」初の本格ウエア バッグいらずのポケット10個シャツ

 東京ブランドの「10匣(テンボックス、TENBOX)」が、初の本格ウエア“ドラッグディーラーシャツ”を5月3日に発売する。ホワイトとブラックの2色展開で、それぞれ2万4800円。東京ではジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)表参道、大阪ではスタディーショールームストア(STUDY SHOWROOM STORE)などで販売する。

 「10匣」のアイテムはこれまで、既存のTシャツやコーチジャケットなどにプリントするかショップとコラボする形で製作してきたが、“ドラッグディーラーシャツ”は素材選びやパターンメイキングから単独でデザインした初のウエアだ。ハンドポケットが2つと、脇から背面にかけて8つのマチ付ポケットが設けられている。“10”個のポケットはもちろん、ブランド名に掛けてのこと。 大森“Pigu”憲一ディレクターは、「パスポート、サングラス、ビールと何でも入れて、旅先でもバッグなしでハンズフリーで過ごしてほしい」と語った。

 海外では5月末から、ロサンゼルスのヴァージルノーマル(VIRGIL NORMAL)やシームス(SEAMS)などで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。