ファッション

「DON’T COME!(来るな!)」という名の誰でも参加可能な無料パーティー

 ロサンゼルス発のブランド「ドントカム(DON'T COME)」は、13日からジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)全店とECサイトでコーチジャケットやスエットなどの新作を発売する。これに合わせて「ドントカム」のメンバー4人が来日。12日に東京・渋谷の「トランク ホテル(TRUNK HOTEL)」で、誰でも参加可能でエントランスフリーの発売記念イベント“ドントカム・パーティー”を行う。新作アイテムも先行販売する。

 「ドントカム」はもともと、ロサンゼルスで結成されたDJクルーで、メンバーは「シュプリーム(SUPREME)」のロサンゼルス店でマネジャーを務めるコートランド、ビンテージショップ「ロットストック&バレル(LOT, STOCK & BARREL)」のマネジャーでバンド、アラーラス(ALLAH-LAS)のパーカッションを担当するジェフ、セレクトショップ、ヴァージルノーマル(VIRGIL NORMAL)のオーナーのチャーリーと、その妻のシャーリーからなる。

 「遊びで作った」とメンバーが言うTシャツは口コミで広がり、背中にプリントされた“ヌードルマン”はブランドのアイコンになった。「シュプリーム」のロサンゼルス店で取り扱われたことで、人気にさらに火が付いた。初来日となるコートランドは、「アットホームなロサンゼルスのパーティーの雰囲気を感じに来てほしい。日本の懐メロもかける予定だから、一緒にビールを飲んで踊ろう!」と参加を呼び掛けた。

■Don’t Come Party
日程:1月12日
時間:19:00~23:00
場所:TRUNK HOTEL 1階ラウンジ
住所:東京都渋谷区神宮前5-31
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら