ファッション

「リーバイス」がジーンズ145回目の誕生日を記念した限定カスタマイズコレクション

 「リーバイス(LEVI'S)」は、5月20日に145回目のジーンズの誕生日“501DAY”を迎えるにあたり、“カスタマイゼーション”をテーマにしたキャンペーンを実施する。その一環として1日に、リーバイスの象徴的ジーンズモデル“501”のボタンフライをカスタマイズした限定コレクションを発売した。

 今回のコレクションはデニム3型とTシャツを用意し、各デニムのボタンフライ部分にはマルチカラーや“501”の文字が施されるなど、特別な1本に仕上げた。現在生産されているリーバイスのジーンズのほとんどはジップフライが使用されているが、ボタンフライは“501”の基本仕様であり代表的なディテールである。価格帯は4000~1万6000円で、全国のリーバイスストア一部店舗と、公式オンラインストアで販売する。

 5日と6日には、代々木公園で開催される「東京レインボープライド2018」でトートバッグのカスタマイズイベントを開催する。またリーバイススストア原宿店、渋谷店、大阪店でトラッカージャケットを購入した人を対象に、スチャダラパーのカスタマイズロゴパッチを数量限定でプレゼント中だ。さらに7日から20日の期間中に、全国のリーバイスストアと公式オンラインストアで“501”シリーズを購入した人に先着で、“501DAY”ノートパッドと“501”ピンバッジが付属される。

■トートバッグカスタマイズイベント
日程:5月5~6日
時間:5日 11:00~18:00 / 6日 10:00~18:00
場所:代々木公園イベント広場
住所: 東京都渋谷区神宮前1-18

 

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら