ファッション

インスタグラムが“おすすめ”してくれるアカウントとは

 こんにちは、肉と砂糖でできている濱崎真実です。

 また1週間が経ち、3月26日時点でのフォロワー数は790台、先週から80のフォロワー増です。これまで1週間で100前後は増えていたので、伸びの悪い1週間になりました。原因は、自分からするフォローを増やさなくなったからだと考えられます。

 先週も書きましたが、500前後のフォロー数になってからはより自分のアカウントと親和性の高いアカウントをフォローして、フォローバックが返ってくるように試行錯誤をしています。フォロワー数の伸びが悪くなってきたのでさらにフォロー数を増やし、フォロワーの数を伸ばす必要がありますが、親和性の高いアカウントを探すことは簡単ではありません。

 インスタグラムでは自分以外のアカウントのトップから“おすすめのアカウント”を表示することができます。アカウントプロフィールにあるフォローボタンの右側にあるボタンを押すと、そのアカウントと親和性の高いアカウントがたくさん並んで出てきます。そのアカウントがフォローしているアカウントだったり、同じような投稿をしている人を探すことができるので、効率よく親和性のあるアカウントを見つけてフォローすることができます。

 私と親和性が高いアカウントは同じようなアカウント同士でフォローしあっていることが多く、そのコミュニティーから他のコミュニティーに手を広げていくことは簡単ではありません。ひとつのコミュニティーの狙い目アカウントを一通りフォローし終えたら、また別のコミュニティーを1から探さなければなりません。新しいコミュニティーが見つかりさえすれば一気にフォローできるのですが、新しく見つけることがなかなか難しく、最近ではそれが大変な作業だなと感じています。私からフォローする以外にもフォロワーを増やす術を増やしたいなぁと思う今日この頃のインスタグラム運営でした。

[instagram url="https://www.instagram.com/p/Bg7L-4XDtEo/"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら