ファッション

立ち飲み「トランク クシ」が着席スタイルにリニューアル

 「トランク ホテル(TRUNK HOTEL)」は、併設する串焼き店の「トランク クシ(TRUNK KUSHI)」を3月2日にリニューアルオープンした。同店は串焼きを“渋谷のソウルフード”ととらえ、渋谷にある炭火焼肉ゆうじ店主の樋口裕師氏が監修を手掛ける。

 内装に関して三橋誠フードディレクターは、「ビールケースを椅子代わりに使ったり、店内に大きなのれんを垂らしたり、味のある雰囲気作りを心掛けた」と説明する。メニューには前菜代わりの小鉢(150円~)や締めのラーメン(500円)を加え、3000円、3500円、4000円のコースメニューも新設した。これまでは立ち飲みがメーンだったが、着席シートを大幅に増やし、客の滞在時間の延長を図る。ハイボールやサワー類、ワインが90分飲み放題となる1800円のプランもある。

 リニューアルの狙いについては「おいしい串焼きを落ち着いて味わってほしい。7~8割を占める外国人宿泊客にもゆっくりしていただきたい」とし、「レアな部位を手軽に楽しんでもらえるのは裕師さんのおかげ。新メニューの牛フク(肺)がオススメだ」と語った。平日は仕事帰りの女性の“おひとりさま”も多く、週末は近隣のファミリー層の来店が増えるという。

■TRUNK KUSHI
リニューアルオープン日:3月2日
時間:17:00~23:00(L.O. 22:30)
定休日:月曜日(ただし3月中は無休)
住所:東京都渋谷区神宮前5-31
席数:47席
1人当たりの価格帯:3000~4000円

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら