ファッション

“about:blank”がテーマ 若手写真家・嶌村吉祥丸が写真展を開催

 若手写真家の嶌村吉祥丸が1月26日〜2月10日、写真展「about:blank」を開催する。場所は自身がキュレーターを務める中目黒のギャラリーW+K+。ウェブサイトなどで空白のページを意味する“about:blank”というコンセプトのもと、ニューヨークやキューバ、ポートランド、東京、ロンドンなど世界各地で撮り下ろした写真を展示する。

 会場では写真展と並行して、ミュージシャンjan and naomiのJan Urila Sasや映像作家の鷲尾怜、哲学者の吉田幸司ら多ジャンルにわたるアーティストとのコラボレーション作品も展示する。

 嶌村は東京生まれ。「ギンザ(GINZA)」や「i-D」「スタジオ・ボイス(STUDIO VOICE)」などの雑誌に加えて、広告、カタログ、アーティスト写真などを手がける。14年にポートランドで個展「Unusual Usual」を、16年にはワルシャワで「Inside Out」を開催するなど、海外に発表の場を広げている。17年には東京で個展「who you are」を行ったばかり。

■「about:blank」
日程:1月26日〜2月10日
時間:12:00〜18:30
場所:W+K+
住所:東京都目黒区上目黒1-5-8
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら