ファッション

ファッション専門学校生が旭化成「ベンベルグ」の作品制作で競う

 次世代の人材育成を目的とした産学コラボレーション事業「第11回フォルム プレゼンテーション」(繊維ファッション産学協議会主催)が12月20日、渋谷の文化ファッションインキュベーションセンターで行われた。今回は“日本発:未来に向かう快適機能素材”をテーマに、旭化成繊維事業本部が提供した素材「ベンベルグ(BEMBERG)」を使用して、ファッション専門学校生が素材の美しさ、機能性を生かして制作した作品を発表した。

 同プロジェクトで学生たちは、まず6月に東京と大阪で素材知識を学ぶ旭化成主催の“ベンベルグ大学”を受講。8月に滋賀県守山市にある旭化成商品科学研究所を見学後、作品制作に取り組み、11月28、29日に東京国際フォーラムで行われた素材展「JFWジャパン・クリエーション」での作品展示を経て、今回のプレゼンテーションを迎えた。一連の服作りのプロセスを体験して、学ぶことが目的で、約半年を要した異例のプロジェクトだ。

 16校、49グループが応募し、審査に残った8グループがプレゼンテーションに臨んだ。その中で、最優秀賞に選ばれたのはエスモード ジャポン東京校生3人組みの作品。「『ベンベルグ』の良さをシンプルにブレずに表現できた。学外の方に協力いただき、他校生と競えたことは、将来につながる貴重な経験だ」とメンバーの1人は受賞の感想を話した。その他、審査を通過したのは、香蘭ファッションデザイン専門学校(旭化成賞受賞)、東京モード学園、ドレスメーカー学院、名古屋モード学園、文化ファッション大学院大学、文化服装学院(優秀賞受賞)、エスモード ジャポン東京校(2チーム通過)の各チーム。

 旭化成繊維事業本部の山崎智津子・企画管理部マーケティング室シニアコーディネーターは「作品の表現力、素材を作り込むテクニック、プレゼンテーション力は、全体的にレベルが高かった」と講評した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。