ファッション

最高品質のアルパカニット デンマーク発「ザ イノウエ ブラザーズ」が阪急メンズ大阪でポップアップ

 
 デンマークのコペンハーゲンで生まれ育った井上聡と清史の兄弟が手掛ける、「ザ イノウエ ブラザーズ(THE INOUE BROTHERS)」は12月8〜17日、阪急メンズ大阪3階にポップアップストアをオープンする。

 同店は“THE INOUE BROTHERS, AGAIN”と題し、2017-18年秋冬コレクションの最新作をはじめ、ワンランク上のライン“supreme royal alpaca”やこれまでのアーカイブコレクションをそろえる。

 「ザ イノウエ ブラザーズ」は、アフリカのビーズ工芸や南米のアルパカの毛を使用したニットなど、その土地に根差した伝統工芸に着目したアイテムを打ち出している。代表作であるアルパカのニットは、南米アンデス地方の良質のアルパカ繊維だけを使用。アルパカを飼育する人たちの過酷な労働環境を改善すべく、ダイレクトトレード(中間マージンの発生しない直接取り引き)を実施。11 年には、ペルー南部の「パコマルカ研究所」と協力関係を結び、アルパカ繊維のさらなる品質向上を目指している。また、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」やイギリスのグローバル情報誌「モノクル(MONOCLE)」とのコラボでも話題になった。