ファッション

マルジェラ、エルバスの下で学んだデザイナーが「ヴェイユ」新ディレクターに

 今年創業125周年を迎えたパリのブランド「ヴェイユ(WEILL)」の新アーティスティック・ディレクターに、マチルダ・カステロ・ブランコ(Mathilde Castello Branco)が就任した。2018-19年秋冬シーズンがブランコのデビュー・コレクションとなる。

 ブランコはマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)が「エルメス(HERMES)」のウィメンズ・アーティスティック・ディレクターを務めていた時代、マルジェラの下でデザイナーとしてのキャリアをスタート。その後、「ランバン(LANVIN)」で10年間、アルベール・エルバス(Alber Elbaz)の下で働き、「アザロ(AZZARO)」のアーティスティック・ディレクターを務めた人物。「ヴェイユ」で、同ブランドの伝統や歴史を受け継ぎつつ、ブランドに新たなインスピレーションをもたらすことに期待が寄せられている。

 「ヴェイユ」は国内では14年春夏コレクションからサン・フレールが取り扱っており、小田急百貨店新宿店の他、全国の主要専門店で販売している。
 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら