ファッション

「ルイ・ヴィトン」や「フレッドペリー」など、デザインとアートの祭典「デザイナート」に50社以上が参加

 デザインとアートの祭典「デザイナート2017(DESIGNART)」が10月16~22日に行われる。第1回目の今回は、表参道・外苑前、原宿・明治神宮前、渋谷・恵比寿、代官山・中目黒、六本木・広尾で開催。デザインやアート、ファッション業界から50社以上が参加する。「デザイナート」とは、デザインとアートを横断して感動を与えるモノやコトを指す造語で、“感動のある暮らし(EMOTIONAL LIFE)”がコンセプトだ。「アマゾン ファッション ウィーク東京(以下、AFWT)」と同時開催することで、業界の垣根を超えた発信や情報交換の場にする。

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は表参道店で今年のミラノサローネで発表したクリエイターとコラボレーションした家具「オブジェ・ノマド(OBJET NOMAD)」を展示。「フレッドペリー(FRED PERRY)」は表参道の旗艦店でプロダクト・デザイナーの清水久和とコラボした“テニス”がテーマのエキシビションを行う。「カッシーナ・イクスシー(CASSINA IXC.)」や「アルフレックス(ARFLEX)」「ビー・アンド・ビー イタリア(B&B ITALIA)」「インターオフィス(INTEROFFICE)」などのインテリア・ブランドも参加。各ショールームで新作やアート作品などの展示を行う。また、デンマーク発インテリア「ヘイ(HAY)」は、アジアで初となるキッチンに特化した「ヘイ キッチン マーケット」を開催する。

 「デザイナート」は毎年、フィーチャーと銘打ちメーン・アーティストを選出。第一回目はフランス人デザイナーのピエール・シャルパン(Pierre Charpin)で、東京初の個展をワールド北青山ビルで行う。シャルパンはライフスタイル見本市「メゾン・エ・オブジェ(MAISON ET OBJET)」の17年1月展でデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。プロダクトからアートまで幅広い創作を行っている。

 初日16日には、「AFWT」と共同でオープニングイベントを表参道ヒルズで開催。開会式に続きプレゼンテーションイベント「ペチャクチャナイト(PECHAKUCHA NIGHT)」を行い、その後に交流会を予定している。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら