ファッション

美術館や遊園地とは一味異なるエンタメイベント 一般開放された「ルームス エクスペリエンス」を体験

 アッシュ・ペー・フランス(以下、HPF)は9月6~8日、合同展示会やアート、エンターテインメントを融合したイベント「ルームス エクスペリエンス35(rooms EXPERIENCE35)」を東京・五反田のTOCビル13階で開催する。同イベントは2000年に、ファッション業界の関係者人向けの合同展示会としてスタート。気鋭のデザイナーやクリエイターを、バイヤーやメディア、業界人関係者に結ぶビジネスの場でありながら、アート展示やライブをはじめ、「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳や光浦靖子、木村祐一らお笑い芸人とコラボした企画を行うなど、その独自の仕掛けで話題を集めてきた。また、業界では、トレンドの発信地としても有名で、地球環境や人、社会に配慮したブランドを集めた“エシカル”や、伝統工芸品や民芸品などを集めた“地場産業”、マニアックな猫の商品を集めた“ネコマニア”などのカテゴリーを「ルームス」のフィルターを通して、世へ送り出してきた。

 35回を迎える今回から、初めて一部エリアを一般客の入場可能とし、リニューアルする。オーディションで選ばれたデザイナーやアーティストが商品を販売する「ルームス マーケット」や、20以上の都道府県が参加する「ルームス メイドインドッド」、紙をそのものをアートとして展示・販売する「ルームス ペーパーエキシビション」、企業がメッセージを発信するPRブース「ルームス プレゼンテーション」などを一般開放。入場料は2500円。従来の合同展示会「ルームス トレードショー」は商談エリアのため、業界人のみ入場ができる。

 「ルームス マーケット」では、吉本興業所属のお笑いトリオ「ニブンノゴ!」のメンバーで、ビンテージ雑貨を収集する大川知英がバイイングした商品の販売を行う他、鳥居みゆきのプロデュースする「リアル部屋」が出現。歌手としても活動する鳥居のミニライブも行われる予定だ。さらに、ここでしか購入できない商品が多数並ぶ他、ユニークな占いやマッサージなどを体験することができる。

 HPFの佐藤美加ルームスプロデューサーは、イベントのBtoC化について「美術館でも遊園地でもない、新しい遊び場の提案。年齢やジャンルを超えた人々に、インターネットの情報では得られない体験を持ち帰ってもらい、発信者として“ルームス”を口コミで広げていってほしい」と話す。

 「WWD JAPAN.com」は、今回初めて一般に向けてオープンする「ルームス エクスペリエンス35」に100人(2人50組)を招待する。以下のアンケートフォームから申し込みを受け付け中だ。プレゼント応募の締め切りは8月31日まで。

■ルームス エクスペリエンス35
日程:9月6~8日
時間:10:00~18:00(最終日は18時まで)
場所:五反田TOCビル
住所:東京都品川区西五反田7-22-17
入場料:2500円

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら