ビジネス

セフォラを追い越せ ドイツのビューティセレクトショップが競合を続々買収

 ドイツのビューティセレクトショップ、ダグラス(DOUGLAS)はスペインのビューティセレクトショップ、ペルフュメリアス IF(PERFUMERIAS IF)をエロスキ(EROSKI)から買収する。全103店舗とオンラインショップを傘下に収める。買収金額は公表していない。

 イザベル・パリーズ(Isabelle Parize)=ダグラス最高経営責任者(CEO)は「ペルフュメリアス IFを買収することによりダグラスはスペインで最大規模のビューティ企業になるだろう。景気が良いバスク地方の店舗は、われわれの既存ビジネスにとってプラスになる」と語った。

 ダグラスは3月にスペイン最大のビューティセレクトショップ、ボディベル(BODYBELL)、5月にイタリア最大のビューティセレクトショップの2つであるリモーニ(LIMONI)とラ ガーデニア(LA GARDENIA)を買収するなど、最近積極的にM&Aを行っている。発表当時にパリーズCEOは「目標は、展開している全ての国でシェア1位か2位の規模に成長すること」と話していた。ダグラスは現在19カ国で1700店以上を構え、ドイツやポーランド、オランダで市場シェアトップを誇るという。2014年にノシべ(NOCIBE)を買収以来、フランスでは2位をキープしている。リモーニとラ ガーデニア、ボディベル、ペルフュメリアス IFの統合が全て完了すれば、店舗網は約40%増の2400店舗以上になり、33カ国で約2300店舗を構える競合のセフォラを追い越す。なお、ダグラスの16年度の売上高は27億ユーロ(約3483億円)だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら