ビジネス

セフォラを追い越せ ドイツのビューティセレクトショップが競合を続々買収

 ドイツのビューティセレクトショップ、ダグラス(DOUGLAS)はスペインのビューティセレクトショップ、ペルフュメリアス IF(PERFUMERIAS IF)をエロスキ(EROSKI)から買収する。全103店舗とオンラインショップを傘下に収める。買収金額は公表していない。

 イザベル・パリーズ(Isabelle Parize)=ダグラス最高経営責任者(CEO)は「ペルフュメリアス IFを買収することによりダグラスはスペインで最大規模のビューティ企業になるだろう。景気が良いバスク地方の店舗は、われわれの既存ビジネスにとってプラスになる」と語った。

 ダグラスは3月にスペイン最大のビューティセレクトショップ、ボディベル(BODYBELL)、5月にイタリア最大のビューティセレクトショップの2つであるリモーニ(LIMONI)とラ ガーデニア(LA GARDENIA)を買収するなど、最近積極的にM&Aを行っている。発表当時にパリーズCEOは「目標は、展開している全ての国でシェア1位か2位の規模に成長すること」と話していた。ダグラスは現在19カ国で1700店以上を構え、ドイツやポーランド、オランダで市場シェアトップを誇るという。2014年にノシべ(NOCIBE)を買収以来、フランスでは2位をキープしている。リモーニとラ ガーデニア、ボディベル、ペルフュメリアス IFの統合が全て完了すれば、店舗網は約40%増の2400店舗以上になり、33カ国で約2300店舗を構える競合のセフォラを追い越す。なお、ダグラスの16年度の売上高は27億ユーロ(約3483億円)だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら