紙面紹介

2018年春夏ミラノメンズ&ピッティ特集 トレンドは波乗りハワイアン!

 「WWDジャパン」7月3日号は、2018年春夏ミラノメンズ&ピッティ特集です。今シーズンのトレンドキーワードに浮上したのは、“ハワイアン”と“ノスタルジック”。デザイナーたちは今、なぜ楽園や幼い頃の思い出に惹かれるのか?「ディースクエアード(DSQUARED2)」「プラダ(PRADA)」「J.W. アンダーソン(J.W. ANDERSON)」「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」などのコレクションから、その謎に迫ります。

 トレンドの一つ、誰もが共感できる、お気楽・極楽な“ハワイアン”は、すでに開襟やアロハシャツに注目が集まり始めている今、日本のマーケットでもブレイク間違いなしです。もう一つの“ノスタルジック”は、どこか少年っぽさが漂うスタイル。手書き風のイラストや懐かしさのあるレトロなカラーリングは、童心に帰って、無邪気な気持ちを思い出させてくれます。

 世界最大級のメンズ見本市、ピッティ・イマージネ・ウオモで台頭した新トレンド”コロニアル”。これは、1920~30年代の欧米列強の貴族が、アジアやアフリカなどの植民地で過ごしたバカンスをイメージ。サファリやミリタリーをベースに、汎用性が高く、レースアップシューズでもビーサンでもキマるこの特異なスタイルを解剖します。

 ニュース面では、アメカジとアスレジャーで5年後に売上高100億円を目指すドン・キホーテのPBや、「ホワイトマウンテニアリング」の相澤陽介をディレクターに招へいした「ハンティング・ワールド」のブランド再構築計画、キーワードに「上質」を掲げ、新たなブランドやラインをスタートした有力セレクトショップなどを取り上げています。

 純喫茶サイトウは、コンデナストとファーフェッチ提携の真相について。セコリ荘のオーナー宮浦晋哉さんが行く産地訪問では、京都府京丹後市の“デニちり”に行ってきました。ファッションパトロールでは、30連勝を目の前に藤井フィーバーがまだまだ続くことを期待し、史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段の“リュック”をネタに、弊紙的なおすすめリュックを勝手に提案しています。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら