ファッション

「ハニーミーハニー」が初のランウエイショー ブランド設立10周年を記念

 簑島三佳が手がける「ハニーミーハニー(HONEY MI HONEY)」は5月19日、ブランド初のファッションショーをソーカルリンク 表参道で開催した。2017-18年秋冬はこの10年間、打ち出し続けてきた“毒のあるガーリースタイル”をランウエイで発信。コルセット風ベルトでウエストマークしたチェックのワンピースや、バラの刺しゅうを施したブラウスやブルゾン、レースのトラックパンツなど、エレガンスやスポーツなどの要素をミックスした。モデルは「グッチ(GUCCI)」のキャンペーンモデルを務めるロシア人モデルのウニア・パホモワ(Unia Pakhomova)やイクミ、エモン久瑠美らが登場。また、韓国人のメンズモデルを3人起用して、オーバーサイズのパーカやロゴをTシャツなどのユニセックス商品も打ち出した。

 簑島デザイナーはショーの前日の展示会で「ブランドのスタート当初は20代後半から30代の女性が顧客に多かったが、原宿店にカフェを併設してから、テレビやSNSの影響で10代の若年層のお客さまも増えてきていた。もう一度、大人のお客さまに向けて”モードな『ハニーミーハニー』”を訴求するため、ショーの開催を決めた」とコメントしていた。

 「ハニーミーハニー」は07年、大阪でアパレルブランドのカリスマ販売員だった簑島三佳が立ち上げたファッションブランド。同年、地元の大阪・心斎橋に路面店を開き、10年には東京・原宿に直営店をオープン。13年に原宿店を移転リニューアルし、カフェを併設。モデルやタレントにファンが多く、ファッションコンシャスな20~40代女性に支持されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら