ファッション

ディカプリオがマリブのコテージの借り主を募集

 レオナルド・ディカプリオ(Leonard DiCaprio)のマリブ海岸沿いのコテージが貸しに出された。家賃は月5万ドル(約560万円)、1年契約の場合は月2万5000ドル(約280万円)。

 資産記録によると、ディカプリオは1988年に160万ドル(約1億7900万円)で、カーボンビーチ(通称、億万長者ビーチ)にある同物件を取得。寝室3部屋と2つのバスルームがある物件で、デッキにある風呂からオーシャンビューが楽しめる。

 同物件は2016年9月に1100万ドル(約12億円)で売りに出されていたが、100万ドル値下げしても売れず、今年3月にマーケットから取り下げられていた。そして、11日に再び貸し物件として登場。過去の様々な報道によると、ディカプリオはかつても同物件を貸し出したことがあるという。

 ディカプリオは昨年だけでもロサンゼルス・スタジオシティ界隈の家、マンハッタンのエコフレンドリーなコンドミニアムを売却し、マリブの海岸沿いの土地1.8エーカー(約7300平方メートル)を2300万ドル(約26億円)で購入した。また、マンハッタンのバッテリーパークシティに隣り合う2つのアパートメントやベリーズ(旧称、イギリス領ホンジュラス)にプライベートアイランド、パームビーチとハンプトンズに邸宅を持つ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。