ファッション

パリ装飾芸術美術館で過去最大の「ディオール」展

 パリ装飾芸術美術館(Les Arts Decoratifs)は、2017-18年秋冬オートクチュール・コレクション期間中の7月5日から18年1月8日まで、「ディオール(DIOR)」のブランド設立70周年を記念した回顧展「クリスチャン ディオール ドリーム クチュリエ(仏:Christian Dior, Couturier du Reve)」を開催する。同展はパリの公立美術館史上、最大規模のファッション展となる。

 約3000平方メートルにおよぶ会場には、ムッシュ・ディオールから、彼の後継者であるイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)、マルク・ボアン(Marc Bohan)、ジャンフランコ・フェレ(Gianfranco Ferre)、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)、ラフ・シモンズ(Raf Simons)、現在のマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターの作品まで、300点以上のクチュールピースを展示する。この他、ファッション写真やスケッチ、広告など、ブランドの70周年を振り返るアイテムが数多く並ぶ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら