ニュース

「シュウ ウエムラ」、銀座旗艦店に20万円のパレット登場

 「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」は4月20日、表参道店に次ぐ旗艦店を「ギンザ シックス(GINZA SIX)」の地下1階にオープンした。新コンセプトショップ「トウキョウ メイクアップ アトリエ(TOKYO MAKEUP ATELIER)」の1号店で、東京のカルチャーおよび日本の伝統を、最先端の技術と融合したショップになる。ネオンのライトやコンクリートの床が都会的な雰囲気を醸し出す。

 店舗中央にはメイクアップアーティストによるメイクアップサービスやレッスンを提供するアトリエ テーブル、自由に商品を試せるプレイ テーブルを設置。また、メイクアップアプリ「ユーキャム メイクアップ(YOUCAM MAKEUP)」とコラボした。店内にあるタブレットで自分の顔を撮影すると、「シュウ ウエムラ」の商品を用いたルックを画面上でシュミレーションすることができる。壁には商品の他、メイクのビジュアルやメイクのハウツー動画を画面上で写す。

 サービスも充実だ。店頭で客を迎えるのは「シュウ ウエムラ」特注のペッパー(ロボット)。ペッパーが持つタブレットでは商品を検索できる他、混み合っているときに整理券番号を発券できる。店内にはブランドマスコット「シュウベア」の巨大版を置き、一緒にセルフィーを撮るスポットとして設ける。また、数量限定で全てのアイシャドウ(100色)を収納し、ブラシ2本と大きな鏡をセットにした「100色 アイシャドー パレット」(20万円)を発売。また、アイシャドウを2つ以上と4色もしくは8色パレットケースを購入した人には、名前の刻印サービスを提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら