ファッション

「シュウ ウエムラ」、銀座旗艦店に20万円のパレット登場

 「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」は4月20日、表参道店に次ぐ旗艦店を「ギンザ シックス(GINZA SIX)」の地下1階にオープンした。新コンセプトショップ「トウキョウ メイクアップ アトリエ(TOKYO MAKEUP ATELIER)」の1号店で、東京のカルチャーおよび日本の伝統を、最先端の技術と融合したショップになる。ネオンのライトやコンクリートの床が都会的な雰囲気を醸し出す。

 店舗中央にはメイクアップアーティストによるメイクアップサービスやレッスンを提供するアトリエ テーブル、自由に商品を試せるプレイ テーブルを設置。また、メイクアップアプリ「ユーキャム メイクアップ(YOUCAM MAKEUP)」とコラボした。店内にあるタブレットで自分の顔を撮影すると、「シュウ ウエムラ」の商品を用いたルックを画面上でシュミレーションすることができる。壁には商品の他、メイクのビジュアルやメイクのハウツー動画を画面上で写す。

 サービスも充実だ。店頭で客を迎えるのは「シュウ ウエムラ」特注のペッパー(ロボット)。ペッパーが持つタブレットでは商品を検索できる他、混み合っているときに整理券番号を発券できる。店内にはブランドマスコット「シュウベア」の巨大版を置き、一緒にセルフィーを撮るスポットとして設ける。また、数量限定で全てのアイシャドウ(100色)を収納し、ブラシ2本と大きな鏡をセットにした「100色 アイシャドー パレット」(20万円)を発売。また、アイシャドウを2つ以上と4色もしくは8色パレットケースを購入した人には、名前の刻印サービスを提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。