ファッション

「フェラガモ」、新ディレクターによるシューズが初上陸

 「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」は4月5~11日、伊勢丹新宿本店本館1階のザ・ステージでイベントを行う。同イベントでは、昨秋就任したポール・アンドリュー(Paul Andrew)=レディス・シューズ・デザイン・ディレクターが手掛ける2017年プレ・フォール・コレクションを世界に先駆けて販売。カラフルな空間に、最新のシューズやバッグを並べる。シューズのテーマは“ハイテク&ハイクラフト”。1930年代のアーカイブからインスパイアされた同ブランドを象徴する“コラムヒール”を、ハイテク素材と組み合わせることで現代的に表現している。ラインアップは、色違いなどを含め全部で54種。うち3種はパテントレザーやベルベットを使い特別にデザインされた限定商品だ。価格帯は、サンダル7万2000円、パンプス7万2000~7万4000円、スニーカー6万6000円。

 また初日の5日には、ジェームス・フェラガモ(James Ferragamo)=レディース&メンズ シューズ&レザーグッズ部門ディレクターが来店する予定だ。時間は11時半~13時と17時半~19時。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら