紙面紹介

2017-18年秋冬パリ詳報 物欲そそる「ロエベ」の“食パン”バッグ

 3月27日号の「WWDジャパン」は、2017-18年秋冬パリ・コレクション詳報です。復活し始めた「パワーショルダー」や「1960年代のサイケデリック」、さまざまな要素を組み合わせた「コラージュ」など、7つのキーワードをもとにトレンドをひもときます。シューズやバッグなどのアクセサリーのポイントも合わせて紹介します。

 ニュース面では、カタログ通販企業のドゥクラッセ・グループのリアル店舗出店加速の狙いや「アクタス」が手掛けるライフスタイルブランド「アウアー」のディレクターとデザイナーにブランドのグローバル戦略を聞きました。マッシュスポーツラボの百貨店向けスニーカービジネスの強化、ラフォーレ原宿で人気の「グレイト」のリニューアルも紹介します。

 また、最近「ジバンシィ」「ディオール」「ランバン」といったメゾンが続々と女性デザイナーを起用しているケースについて掘り下げます。女性デザイナーと男性デザイナーのアプローチの違いや女性デザイナーが多く活躍する時代が30年に一度巡ってくる「30年周期説」、業界における女性の働きやすさなど、業界人の意見を交えながら考えます。

 さらに、ファッションブランドの展示会やイベント、おもてなしの場としても注目を集めているインテリアブランドのショールームの活用法を紹介します。ファッションブランドとコラボした「モルテーニ」、雑誌の撮影やテレビ収録の場にもなった「ビー・アンド・ビー イタリア」などのショールームを一覧にしてわかりやすく解説しています。

 「柴田陽子のトウキョウ スーパー ウーマン」連載では、林久美子・元衆議院議員が登場します。政治という男性社会の中に飛び込んだきっかけや政治家になる以前のキャリア、現在の活動について「ボーダーズ アット バルコニー」を手掛ける柴田陽子デザイナーが聞きました。また、1児の母である林氏にとって、仕事と育児の両立についても対談しています。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら