ファッション

原宿に「オールモストブラック」「オー」などセレクトする新ショップ

 東京・原宿にセレクトショップ「ファン(FAN)」(渋谷区神宮前3-22-1 神宮前スクエア102)が3月11日にオープンする。フリーランスでスタイリストやPRの活動をしている森俊輔がディレクターを、セレクトショップ「レベレーションズ(REVELATIONS/)」元ディレクターの伊藤万里がバイヤーを務める。

 店舗面積は76平方メートルでメンズ中心の商品構成。“故きを温ね新しきを知る”をコンセプトに「オールモストブラック(ALMOSTBLACK)」「アクロニウム(ACRONYM)」「オー(O)」や、「ベルベルジン(BERBERJIN)」で仕入れた古着をリメイクしたショップ発の新ブランド「ナウ(NOW)」などをセレクトする。オープン記念で森ディレクターと「マスターピース」が共同開発したバッグ(2万5000円)や、「オールモストブラック」に別注したコート(16万8000円)、パンツ(4万円)、スカート(18万円)、Tシャツ(2万円)などの限定アイテムも並ぶ。

 森ディレクターは「ショップ名は扇風機や換気扇の意味。ショップを通じて国内外のファッションを心地よく送り出していきたい。価格は多少高くても、世の中には良い服がたくさんあると知ってもらえたら嬉しい。今主流のハイストリートとは違う、自分なりのモードを発信していきたい」と話した。

【関連記事】
■六本木ヒルズのウェストウォークにセレクトショップがオープン
■“スポーツ×ファッション”の新セレクトショップ 東京・原宿に

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら