ニュース

オンワード樫山の馬場社長が退任し、HDの副社長に

 オンワードホールディングス(以下、オンワードHD)は、2月28日付で中核子会社のオンワード樫山の馬場昭典・社長(49)が退任し、大澤道雄・取締役兼専務執行役員(61)が次期社長に就任するトップ人事を発表した。馬場社長は3月1日付でオンワードHDの副社長次世代事業開発担当に就き、これまでの知見を活かしてグループ全体の新規事業の指揮を執る。また、廣内武オンワードHD会長は、2月28日付で兼任するオンワード樫山会長を退任する。

 馬場社長は2011年に43歳の若さでオンワード樫山の社長に就任。主要販路である百貨店向けブランドのMD改革の指揮を執ってきた。大澤次期社長はオンワードHD専務執行役員、オンワード樫山取締役専務執行役員、オンワード商事会長などを兼任しており、主に生産部門を束ねてきた。

【関連記事】
■オンワードがEC事業拡大へ
■オンワードが大阪支店の土地・建物を85億円で売却
■オンワードが銀座3丁目の土地を135億円で売却
■オンワードHDも大規模なブランド整理へ 3年内にリアル店舗220億円の減収見込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら