ファッション

制作費1億円以上!バーニーズに「007」ボンドのフィギュア

 バーニーズ ニューヨークは、映画「007」の歴代ジェームズ・ボンド6人(ショーン・コネリー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアーズ・ブロスナン、ダニエル・クレイグ)の等身大フィギュアを、マダム・タッソー東京での展示に先駆けて、期間限定で披露する。展示期間はバーニーズ ニューヨーク六本木店が1月21〜25日、銀座本店が1月27〜30日。なおマダム・タッソー東京は2月1日〜5月14日。

 6体のジェームズ・ボンドは、「007」の制作会社であるイーオン・プロダクションズ協力のもと、20人以上のマダム・タッソーの彫刻師が4カ月かけて制作した。フィギュアが着用するディナースーツは、アカデミー衣装デザイン賞を受賞した衣装デザイナーのリンディ・ヘミングがデザイン。1体の制作費はおよそ2000万円で、6体合計1億2000万円に及ぶ。店頭では、フィギュアを実際に見て、触れて、一緒に写真を撮影することができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら