ファッション

寒さから束の間の逃避行 マイアミビーチはリラックスムード

 現代アートフェア「アート・バーゼル マイアミビーチ」が12月1〜4日開催された。来場者はカラフルなプリントや布地を用いた軽やかな装いで会場の空気感を体現。このイベントはアートフェアだが、来場者はスパンコールや幾何学模様のアクセサリー、鮮やかな口紅などで個性を演出した。

 蒸し暑さのため多くの人が軽装でパーティーに向かっていた。パリス・ヒルトンは「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のジャケットを肩に掛けていたが、もともと着ていたパーティー服を着続けたジェレミー・スコットらは長袖で暑さと闘っていた。

 よく晴れ渡った会場では、終日サングラスがマストアイテムに。また、渋滞を避けてホテルでのパーティーに徒歩で向かう人々にとって、フラットシューズやサンダルもマストアイテムとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら