ファッション

三陽商会、新社長に岩田功・取締役 杉浦社長は退任

 三陽商会は、岩田功・取締役兼常務執行役員(57)を2017年1月1日付で社長に昇格させる。杉浦昌彦・社長は取締役に退き、来年3月の定時株主総会をもって退任する。同社は英バーバリー社とのライセンス契約終了で業績が低迷し、過去最大の赤字を計上。今月31日には、約250人のリストラを行う。経営トップの世代交代で、組織の活性化と、経営の立て直しを急ぐ。

 岩田氏は1982年に早稲田大学商学部を卒業後、三陽商会に入社。経営企画室やウェブビジネスなどを担当してきた。

【関連記事】
三陽商会、新たに5ブランドの廃止を発表

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら