ファッション

プランタン銀座跡地のマロニエゲート銀座2&3の全貌明らかに

 プランタン銀座は12月13日、仏プランタン社との商号・商標契約の終了に伴い「プランタン銀座本館」の跡地に開く「マロニエゲート銀座2」と「マロニエゲート銀座3」の開業日と出店テナントを発表した。開業は2017年3月15日の午前11時。マロニエゲート銀座2(現プランタン銀座本館)には、銀座初17店、新規31店を導入し、既存の82店を含む全113テナントでオープン。マロニエゲート銀座3(現プランタン銀座アネックス)は既存店舗の9テナントを継続して運営する。これまで同様、20~40代の働く女性とママをターゲットにするが、婦人服フロアは雑貨比率を50%に拡大し、アパレルと雑貨を一緒に提案する。現在は百貨店と同様に消化仕入契約だが、刷新に伴って定期借家契約への切り替える。銀座初の雑貨やアパレル、レストランなどを誘致し、よりライフスタイル型を意識したリーシングになる。銀座初出店は、パリ発のパティスリー・ショコラトリーの「ユーゴ・アンド・ヴィクトール(HUGO&VICTOR)」をはじめ、同じくパリの花屋「モンソーフルール(MONCEAU FLEURS)」、ジュエリーとファッション雑貨の「ヴァンドーム アオヤマ デュオ(VENDOME AOYAMA DUO)」など。

 読売新聞東京本社は、三越伊勢丹ホールディングスが30%保有するプランタン銀座の株式を12月末に取得することを発表した。新会社のマロニエゲートは読売新聞東京本社の100%子会社になる。それに伴い、同社は1月1日付で社長交代を含む人事異動も行う。読売新聞東京本社の総務局総務でプランタン銀座の非常勤取締役を務める木村透が新社長、読売新聞東京本社で資材部長を務めていたプランタン銀座の新店準備室長の川戸直志が取締役経営企画担当に就く。社名も同日、プランタン銀座からマロニエゲートに変更。現在の笹岡寛・社長、伊藤雅彦・取締役店長は退任する。

以下、マロニエゲート銀座2の新規テナント一覧

<1階>
ユーゴ・アンド・ヴィクトール(HUGO&VICTOR)★/ヴァンドーム アオヤマ デュオ(VENDOME AOYAMA DUO)★/モンソーフルール
★(MONCEAU FLEURS)/オデュース ヨンドシー(EAU DOUCE 4℃)/SHISEIDO/クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)/M•A•C/キッカ(CHICCA)/ルナソル(LUNASOL)/ファンケル(FANCL)

<2階>
イアンヌ(IANNE)★/サマンサタバサデラックス(SAMANTHA THAVASA DELUXE)

<3階>
シュット!インティメイツ(CHUT!INTIMATES)★/キワシルフィー(KIWASYLPHY)★/ザ キャット ウィスカーズ(THE CAT'S WHISKERS)★/グッドネス(GOODNESS)★/マイストラーダ(MYSTRADA)★/ヌフノイ バイ アトリエゼロサン(NEUFNOI BY ATELIER03)★/トゥービー バイ アニエスベー(TO B. BY AGNÈS B.)

<4階>
グラズ(GLAZ)★/アルモフィーネ ブティックニコル(ARMOFFINÉE BOUTIQUE NICOLE)★/お直しラボ/プリマ(PRIMA)

<地下1階>
オウバニスター(AU BANNISTER)★/アインズ アンド トルペ(AINZ & TULPE)

<地下2階>
サクラ食堂★/ウィズ グリーン(WITH GREEN)★/ダンスキン(DANSKIN)/ ヘルシーワン(HEALTHY-ONE)/アシックスストア(ASICS STORE)

★…銀座初

【関連記事】
「プランタン銀座」が「マロニエゲート」に統合 3館体制で相乗効果見込む

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら