ファッション

ローラに熱い歓声! 台北で「アジア ファッション アワード」

 東京ガールズコレクション(以下、TGC)を手がけるWメディアは12月10日夜、ファッションイベント「トヨタ プレゼンツ アジア ファッション アワード(TOYOTA presents ASIA FASHION AWARD 2016 in TAIPEI)」(以下、AFA)を台湾・台北で開催した。会場は高級デザイナーズホテルのW台北の10階ルーフトップ。冷たい雨が降り注ぐ悪天候だったが、台湾をはじめ、アジアの各国から来場者延べ約1000人を動員した。

 イベントは京都の老舗呉服屋「おか善」のショーでスタート。和太鼓の演奏をバックに、パステルカラーの染めが華やかな着物姿の藤井リナが登場した。日本からは、マークスタイラーの「エモダ(EMODA)」「アングリッド(UNGRID)」、台湾の「モマ(MOMA)」や「ヤン ツー スゥェン(THY TZU HSUAN YANG)」が16-17年秋冬のコレクションを見せた。台湾ドラマでも活躍する女優でモデルの池端レイナや、台湾でも人気の乃木坂46の松村沙友理、西野七瀬、堀未央奈、さらには、ローラ、ダレノガレ明美、八木アリサら16人が日本からモデルとして登場。

 ファッションショーとともに、音楽家やダンサーによるパフォーマンスも見どころだった。小室哲哉は自身が作曲した「キャン・ユー・セレブレイト?」「ディパーチャーズ」などをメドレーにしてエレクトーンの生演奏を披露。同イベントで1番の歓声が沸き上がった。その他、中田ヤスタカやアミアヤ(AMIAYA)、ディエゴ・ミランダ(DIEGO MIRANDA)によるDJプレー、ダンサーデュオのフェム(FEMM)やサイバージャパンダンサーズ(CYBERJAPAN DANCERS)のダンスパフォーマンスも行われ、ドリンクやフィンガーフードを楽しみながら、音楽に合わせて踊る来場者の姿が見られた。

 Wメディアの村上範義・社長は「AFAは、アジアへ向けたTGCの進化形。これまでさまざまな国でTGCを行ってきたが、日本のファッション、音楽、文化を発信する上でイベントのローカライズが必要だと感じていた。今回は日本人モデルが台湾の服を着て歩いたり、地元の台湾人モデルが日本のブランドを着た。新たなプラットフォームにして、今後アジアへのイベントに注力していく。次は上海を予定する」と語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら