紙面紹介

働く女性にスーツは必要? 増える女性管理職がキャリア市場を救う

 「働く女性にスーツは必要?」これがWWDジャパン11月28日号のテーマです。そして私たちの答えはイエスです。2016年は小池都知事やクリントン候補など女性リーダーの活躍が目立った一年でした。日本でも今後ますます女性リーダーが増えることが予想されます。彼女たちに業界としてどういうファッションを提案していくべきか、そんな問いからこの企画は始まりました。

 8ページに渡る特集では、女性リーダーにスーツが必要な理由をさまざまな観点から掘り下げています。女性活躍推進法の制定など社会的など側面や、そこのマーケットに向けていち早く動き始めた企業の反応、現場でリーダーとして活躍する女性たちの服装観など。特にアパレル業界外ではジャケットが必要な場面も多く、業界としてそのニーズに応えきれていない現状が見えてきます。WWDオススメの東京ブランドのジャケットも必見です。

 ニュース面では、9月にオープンしたバーニーズ ニューヨーク六本木店についてバーニーズ ジャパンの髙橋幸智社長にインタビュー。開発プロセスや今後の成長戦略のキーとなる3つのポイントについて聞きました。また、注目度がますます高まるインフルエンサー事業について、登録インフルエンサー約1万8000人、利用企業数400社を超えるサービス「スピリット」を運営するリデルに取材。その事業モデルをひも解きます。

 椅子連載では映画「アメリ」にも登場した“Aチェア”にフォーカス。eyeでは「エトロ」や「サルヴァトーレ フェラガモ」のイベントの様子を来場者スナップとともにお届けします。「ファッションパトロール」では、美人PR御用達の大衆酒場をご紹介。おでんと生ビールなど1000円前後で楽しめる都内各地のおすすめ“せんべろ”メニューを5人のPRに聞きました。ぐっと冷え込むこの時期に、お財布に優しい酒場で身と心を癒しては?

 特別付録は、10月末から11月初旬にかけて都内各所で行われたデザインウィーク特集。今年は、インテリアとアートの関連性を強く感じさせる提案が続々登場しました。特に注目の「カッシーナ・イクスシー」や「マジス」は、インスタレーションを手掛けたデザイナー本人にもインタビューしています。単なるプロダクトとしてではなく、アートを通して広がるインテリアの可能性に注目です。

CONTENTS

EDITOR’S VIEW

月曜日にはジャケットを

 

THE NEWS

高橋幸智・社長が語るバーニーズ成長戦略

エストネーション 神戸出店で関西総仕上げへ

インフルエンサー事業を「スピリット」が改革

「イザ」田中タキをアドバイザー起用

 

NEWS FROM DIGITAL DAILY

ジーユー柚木社長が語る「国民的ファッションブランド」の作り方

ストライプインターナショナルが中国に大型店 競合他社の50ブランドを売る

米アパレル大手のリミテッドが事業譲渡を模索。清算の可能性も

世界のメガバンクが太鼓判!ケリングの株式は今が「買い」だ!

「ニューヨーカー」のダイドーリミテッドがイタリア生地メーカーを買収

カニエ・ウエストが覚醒?インスタに写真99枚を連続投稿

「ライクラ」「クールマックス」の米素材大手インビスタに身売りのウワサ

「サルヴァトーレ フェラガモ」にメンズウエアの新デザイン・ディレクターが就任

「シャネル」「ディオール」などの個性的なクリスマスツリーがパリに集合

 

働く女性にスーツは必要?

増える女性管理職がキャリア市場を救う

働く女性に向けた商品・売り場開発が続々

女性リーダーたちの仕事と服装観

東京ブランドの個性派ジャケット

ジャケットが女性リーダーにもたらす効果

 

「ピアジェ」が銀座本店を中央通りへ移転

服が売れない世界で生き残るための二択

「モンクレール」のスペシャルプロジェクト

ファッション&アパレル関連株 騰落率ランキング

至高のガトーショコラ「ケンズカフェ東京」

奥 恵美子のちょっと学べるF.J.A. ますます広がるアスレジャー市場で勝ち組になるには

三菱商事ファッションが追求する3大トレンド

ミステリーショッパーが行く!

 

カルテル東京で特別なショップ体験を提供

クヴァドラの来年の売り上げ目標は今年の2.2倍

“フィネス”がジャーマンデザインアワードを受賞

JAPAN BEST KNIT SELECTION

 

アイウエアビジネス拡大に4つの視点

島精機が狙う“デザインのデジタル化”の先

柴田陽子のSUPER WOMAN

名作椅子をめぐる旅

ファッション談話室 純喫茶サイトウ

ファッション業界人物列伝

 

FASHION PATROL

美人プレスも御用達 あったか大衆酒場5選

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら