ファッション

「JFAファーデザインコンテスト2016」グランプリはピカソの「泣く女」?

 日本毛皮協会(JFA)は、11月24日、「JFAファーデザインコンテスト2016」の最終審査会及び授賞式を時事通信ホールで開催した。同コンテストは、デザインや加工技術などファーファッションの向上、啓蒙、若いクリエイターの育成などを目的に、2003年にスタートし、今回が15回目。デザイン画の応募総数2044点の中から、優秀作20点が選出され、ショー形式で発表された。グランプリを獲得したのは、藤井真耶(名古屋モード学園)の作品。デザインは、「ピカソの『泣く女』の色彩を使用し、『泣く女』ではなく『笑う女』に変換」したというコンセプト。「ファーは高級なイメージがあったが、ファーの種類や加工の仕方の違いで、さまざまに表情が変わる。新しい発見があった」と話した。なお、グランプリには、賞状と賞金50万円の他、副賞としてサガデザインセンター研修旅行、2017香港インターナショナルファー&ファッションに招待される。中村友昭JFA理事長は、「ファーデザインの企画力の低下が今の課題。今回は新しい形や異素材との組み合わせなど、若い感性が生み出すファーの新しい可能性が随所に見られた」と講評した。

その他の受賞者は以下の通り。

■サガ・ファー賞:林載憲(文化ファッション大学院大学)
■アメリカン・レジェンド賞:二コラ ティーレ(文化服装学院)
■NAFA(ノース・アメリカン・ファー・オークションズ)賞:杉村綾(国際トータルファッション専門学校)
■コペンハーゲン・ファー賞:リュウ シュンシン(文化服装学院)
■HKFF(香港毛皮業協会)賞:世古口友里(中部ファッション専門学校)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。