ファッション

麻布十番の新エンタメ空間「エレ トーキョー」に、叶姉妹や吉川ひなの、ドン小西らが来場

 麻布十番の新エンタメ空間「エレ トーキョー(ELE TOKYO)」は7日、レセプションパーティを開催した。「エレ トーキョー」は「世界最高のエンターテイメント」をコンセプトに、ラスベガスのナイトクラブをイメージしたハイエンド・エンターテイメント空間だ。

 来場者は、今回の空間プロデュースを手掛けた加賀谷真理の友人でもある石田純一、吉川ひなの、叶姉妹、斎藤工、西川史子を始めとした芸能人、北田淳コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン社長や、渡辺美津子「ヴォーグ・ジャパン」編集長、小橋賢児「ウルトラ ジャパン」クリエイティブ・ディレクター、フォトグラファーの新田桂一ら業界人も数多く訪れた。ラグジュアリーな空間に合うよう、ドレスコードのゴールドやシルバーを取り入れたドレス姿が目立った。

 また、日本初のドンペリと田中杏子「ヌメロ・トウキョウ」編集長が手掛けたVIPルームは加賀谷のプロデュースの基、実現に至った。

 今後はレディー・ガガの来日ライブのオフィシャルアフターパーティを控えているほか、EDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)の世界的DJを毎月招聘する予定だ。

■エレ トーキョー
住所:東京都港区麻布十番1-4-5 深尾ビル 1階/地下1階

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら