ニュース

元「ヨウジ」の雑貨デザイナーがブランドを立ち上げ

 メンズの服飾雑貨ブランド「リウル(LIWLE)」が2017年春夏にデビューする。デザイナーは「ヨウジ ヤマモト プール オム」で小物デザインを担当し、「ワイズフォーメン」でグッズチーフプランナーを務めた後、アパレルブランドでデザイナーを経験し、その後、商社でファッション雑貨を担当した内村隆だ。ミニマルなデザインでありながら、機能性に優れたメード・イン・ジャパンのメンズ雑貨をそろえる。

 商品はバッグやシューズ、ハット、財布、ベルトやブレスレットの革小物、オリジナルのシューレースなど。スニーカーは、ベンタイルコットンを採用した撥水仕様で、重みのある低反発のソールで歩きやすさを考慮。バッグでは、トート、リュック、斜め掛けの3ウエイになるレザーバッグや、壁紙に使われるパルプ紙を使った軽量のトートバッグをラインアップする。各アイテムには、ロゴを載せたオリジナルのメタルプレートやシルバーのパーツのが埋め込まれているのが特徴。ブレスレットの一部売り上げは、熊本地震の被災地へ寄付する予定だ。

 価格はバッグが3万4000~4万8000円、財布が2万2000~5万5000円、シューズが2万7000~3万7000円、シューレースが1500円、ベルトが9000~1万5000円、ハットが1万円、ブレスレットが1万~1万2000円。

 内村デザイナーは「ヨウジヤマモトやアパレルブランド、商社で働き、川上から川下まで見てきた。十分下積みをして、やっとブランドを立ち上げ、自信を持てる商品を発表することができた。いずれは、ウィメンズも展開してユニセックスに提案したい」と語る。

 ブランド名は英スラングの「Live A Little(人生を楽しもう)」に由来する造語。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら