ファッション

ストライプが子供服EC「スマービー」の株式取得

スクリーンショット 2016-10-31 15.14.14

 ストライプインターナショナルは31日、子供服のECを運営するスマービー(東京、遠藤崇文・社長)の株式を取得したと発表した。取得金額は非公開だが、株式の過半を得た。ストライプからは石川康晴・社長が代表権を持った会長に就くのを含め、3人が取締役に就任する。スマービーをグループに加えることで、ストライプは手薄なベビー・キッズ分野を取り込む。自社ECサイト「ストライプクラブ」と合わせて、将来的には全世代に向けたECプラットフォームの構築などシナジー効果を見込む。

 子育て中の母親に向けたファッションEC「スマービー」は2014年4月に始まった新しい事業だが、すでに20万人を超える会員数を持ち、急成長が続いている。会員に対して、子供服やベビー服、おもちゃ、マタニティ製品などを定価の20~80%引きの限定セールを毎日実施しており、忙しい母親がお得に買い物を楽しむことができる。創業者の遠藤社長は日本政策投資銀行、シリコンバレーのベンチャーキャピタルを経て起業した若手経営者。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら