ビューティ

ビューティ業界の次なるトレンド:男性用メイクは流行るのか?

 メンズ用のスキンケアが人気を集める中、メイクをする若い男性が増えている。2000年以降に生まれたジェネレーションZは、SNSの活用でどこでも誰ともつながることが当たり前なうえ、ジェンダーの捉え方もかつてより性差を気にしないようになっている。これを受け、多くのブランドがジェンダー・ニュートラルなアプローチを取り始めている。

 あるレポートによると、ジェネレーションZの56%が、自身をジェンダー・ニュートラルと捉える人が知り合いにいるという。また、半数以下の44%が自身のジェンダーに限定して服を買い、70%がジェンダー・ニュートラルなトイレの導入に賛成している。俳優、ウィル・スミス(Will Smith)の息子でジェネレーションZに人気のジェイデン・スミス(Jaden Smith)はマニキュアやスカートを身につけ、彼らにとってのアイコンになっている。アナリストは彼のファッションについて「彼のセクシャリティーとは関係ない。純粋な自己表現なのだ。今の若い世代はルールにとらわれず自由に自己表現することを好む」とコメント。ケンダル(Kendall)とカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)の父親のブルース・ジェンナー(Bruce Jenner)も昨年性転換手術を受け、ケイトリン・ジェンナー(Kaitlyn Jenner)に生まれ変わったことが大きな話題を呼んだ。日本ではりゅうちぇるやユースケデビルがメイクをする男子として知られている他、K-POPアイドルの多くもメイクやカラーコンタクトレンズを着用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら