ファッション

スタイリストのモノを売る力~Part2 風間ゆみえ

 女性スタイリストが企業とのコラボレーションで生み出すヒット商品が相次いでいる。その人気の背景には、スタイリストならではのこだわりや、使う人の視点に立った製品づくりや女性の生き方への提案がある。中でも企業からのラブコールが絶えない3人のスタイリストに話を聞いた。

 二人目は、広告、CM、ファッション雑誌、ブランドのディレクションなど多岐にわたって活動する風間ゆみえ。コラボレーションの幅もヘアケアブランドの「レヴール」、服飾雑貨の「レスポートサック」、ランジェリーブランドの「アンフィ」など幅広い。何度も試行錯誤を重ねながら作り上げていくこだわりの姿勢に企業やファンからの支持が集まる。

WWDジャパン(以下、WWD):今までで印象に残っているコラボレーションは?

風間:「レヴール」とのコラボレーションは特に印象深い。シャンプーとコンディショナーのセット2種類を作った。それ以前はこだわりの強い人たちに向けた製品づくりが多かったが、「レヴール」は全国のドラッグストアで販売されるような大規模なコラボ。大きく展開する分、パッケージなどの制約はあったが、堀井昭一ジャパンゲートウェイ社長と話し、特に香りにはこだわった。

WWDジャパン(以下、WWD):制作する過程でのエピソードは?

風間:イヴ・ピアッツェというバラが好きだったので調香師の方にその香りを提案したら、「これから花屋に行ってその香りを確認してまいります」と言ってくださった。とても情熱的な方で、打ち合わせを欠席した際は手紙をいただいた。「花屋にはイヴ・ピアッツェがなかったので、オーダーをしました。花を傷つけないように大切に社に持ち帰って香りをかがせていただきました」という内容ですごく感動した。花を傷つけると匂いも変わってしまうとのことだった。そんなこだわりを持つ人と仕事ができてこれ以上嬉しいことはないと思ったくらい。そこから1年近くかかって何回もテストしながら香りを完成させた。やりきれないと思うくらい大変な時もあったが、最終的には満足がいくものができた。

WWDジャパン(以下、WWD):完成度の高い製品を作れた理由は?

風間:私も、「レヴール」を展開するジャパンゲートウェイのスタッフの方々も妥協せず細かいところまでこだわったこと。例えば私がシャンプーに求めたのは、ふわっと立ち上る緑のフレッシュな香り。お風呂は一日の最後に入る人が多いから、疲れを癒す香りにしたかった。対照的にコンディショナーは、朝枕に残るような甘い香りを意識した。体調によって香りの感じ方も変わってくるので、自分の体調と香りの感じ方を日々書き留めながら作り上げていった。アンティークのガラスをイメージしたボトルデザインや、オリジナルパッケージなど香り以外の部分にもこだわった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら