ファッション

“日本一のおっぱい”が決定!PJや「フリーマガジン」が協力

 美しいバストを競う「美おっぱいコンテスト2016」(主催:美おっぱいコンテスト実行委員会)のグランプリ決定イベントが18日開かれた。3度の選考を突破した6人のファイナリストが登場し、審査員としてモデル・タレントのマギー、アンドレア・フォルミケッティ「フリーマガジン」ゼネラル・プロデューサー、フォトグラファーの米原康正、佐藤はるか「ピーチ・ジョン」編集長、フラワーアーティストの尾藤祐子が登壇。ファイナリストは自己PRや米原の1分間の撮影タイムによる審査を受けた。

 グランプリに選ばれたのは、「わたしが自信を持てるのはおっぱいだけ!」と自己をアピールした岐阜県出身・東京在住のフリーター、中岡龍子(23)だ。Fカップのバストで見事勝利を勝ち取り、「緊張しすぎて何を言っていいかわからないが、とにかくうれしい」と感激。マギーは「全体のバランスはもちろん、さわりたくなるようなもっちり感のあるおっぱいを選んだ。中岡さんのおっぱいが一番好みでした」と絶賛した。その他モデルの中北成美(26)、ダンサーのLUNA(22)が準グランプリ、タレントの繭(27)がピーチ・ジョン賞を受賞。撮影審査を担当した米原は、「個性あるきれいなおっぱいばかりで、選ぶのが難しかった。みんな合格です!」と太鼓判を押した。

 同コンテストは「女性ならではの美しいおっぱいを追求し、みんなの理想の“おっぱい”に格式ある賞を与える」という目的の下企画された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら