ファッション

最大540通りのカスタマイズダウンが作れる「ブラックレーベル・クレストブリッジ」の受注会

 三陽商会のメンズブランド「ブラックレーベル・クレストブリッジ(BLACK LABEL CRESTBRIDGE)」は、最大540通りの自分だけのダウンジャケットが作れるサービス“カスタマイズダウン”の受注会を行う。期間は10月8日~11月6日。ボディタイプは、ショート丈(7万円)とロング丈(8万円)の2種類。表地は5種類から、裏地は3種類から選択し、ワッペンやファー(5000円)の有無など、最大で540通りの組み合わせが選べる。オーダーからお渡しまでは約1カ月。全国の百貨店やファッションビル、路面店の81店舗で開催する。

 「ブラックレーベル・クレストブリッジ」は、2015年春夏シーズンで終了した「バーバリー・ブラックレーベル(BURBERRY BLACK LABEL)」の後継ブランドとして立ち上げられた。“コンテンポラリー・ブリティッシュ”をコンセプトに、英国風のディテールとトレンドを掛け合わせたデザインが特徴だ。「ミハラヤスヒロ(MIHARA YASUHIRO)」などを手掛ける三原康裕がクリエイティブ・ディレクターを務める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら