ファッション

元「シュプリーム」のディレクターが手掛けるブランドとは?

 「シュプリーム」のクリエイティブ・ディレクターを12年務めたブランドン・バベズィエンが2017年春夏からシューズブランド「APRIX(アプリー)」を始動する。「アプリー」は、キャンバス地とスエードをミックスしたデザインが特徴のスニーカーで、1型15色を用意した。価格は198ドル(約1万9800円)。販売店舗は、パリ・コレットやロンドン・ドーバー ストリート マーケット、イタリア・スラムジャムなどで、日本では、伊勢丹新宿店で3月に発売する予定だ。

 バベズィエンは15年、すでにメンズブランド「NOAH(ノア)」を設立し、ニューヨーク・ソーホー(195 Mulberry Street)に旗艦店を開いている。「ノア」は、「ユースカルチャーとクラシックなカルチャーをクロスオーバーする」ことをコンセプトに、素材にこだわったTシャツ(40~60ドル:約4000~6000円)からジャケット(300ドル:約3万円~)まで幅広いアイテムを提案している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら