ファッション

ゴーシャが友人とスケートブランド「ラスベート」をスタート

 ゴーシャ・ラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)はスケートボーダーのトリア・チタエフ(TOLIA TITAEV)とロシア発のスケートブランド「ラスベート(PACCBET)」を立ち上げた。ドーバー ストリート マーケット ギンザで9月17日から販売する。

 ゴーシャとトリアは、モスクワのスケートシーンで出会い、10年以上に渡って親交を深めてきた。「再発」というメッセージを含んだ「ラスベート」はロシア語で“夜明け”という意味で、新しい才能を育てたいという願いが込められている。

 同ブランドは銀座の他、ロンドンとニューヨークのドーバー ストリート マーケット、各店のオンラインストアでも販売予定だ。価格帯はキャップ2700円やTシャツ7800円、フーディ2万400円、デッキ9000円など。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら