ファッション

ヒョウ柄、ゼブラ柄がアクセント 17年春夏の「アディダス バイ カラー」は動物がモチーフ

 「アディダス バイ カラー(ADIDAS BY KOLOR)」は2017年春夏コレクションを発表した。今回のコレクションは"クライマライト""クライマチル""ブーストフォーム"などアディダスの開発した技術をフーディやトラックジャケット、テックショーツ、トレーナーなどのアイテムに取り入れている。ジャガープリント、ゼブラパターンなど動物から着想した柄をキーアイテムに乗せ、本格的なアスリート向けに仕上がっている。発売は2017年2月予定。

 「アディダス バイ カラー」は2015年秋冬にスタートし、今回で4シーズン目となる。

「アディダス バイ カラー」2017年春夏コレクションのルックはコチラ

遠藤竜也

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら