ファッション

トム・ヨークのパフォーマンスが冴え渡る サマソニ深夜の「ホステス クラブ オールナイター」はクリーンで大人なファッションが主流

 都市型音楽フェスティバル「サマーソニック(SUMMER SONIC)2015」東京会場のオールナイトイベントとして15日深夜、「ホステス クラブ オールナイター(HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER)」が千葉県千葉市の幕張メッセで開催された。例年は「ミッドナイトソニック」としてプロデュースされていた同枠を気鋭の洋楽レーベル「ホステス(HOSTESS)」と共同開催したもので、同レーベル所属の7アーティストが特別な演出で登場した。

 ヘッドライナーとして入場規制の動員を集めたのは、英ロックバンド、レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨーク(THOM YORKE)。昨年9月にリリースしたソロアルバム「TOMORROW'S MODERN BOXES」の内容をライブで本格初披露した。ステージに登場したトムは、黒のラフな上下に足元は白いスニーカー。髪を無作為にシニョンでまとめあげたここ数年変わらぬ出で立ちだ。DJセットなのにも関わらずギターを弾きながら歌い、彼独自の不思議なコンテンポラリーダンスを踊って終始全身でリズムを体現しながらライブを進める。地鳴りを起こすほど密度濃くデザインされたトラックを、時に優美なアルペジオを絡ませて絢爛に、時に暴力性を煽る激しい演奏で凄みを加えて聴かせた。ミニマルなブレインミュージック色が強いソロアルバムの楽曲たちに躍動感を与えて見せた。

 来場者のファッションは、「サマーソニック」とまた違う表情だ。深夜帯であることや、気鋭の洋楽アクトの多い「ホステス」のレーベルカラーも伴い、気持ち年齢層が上がる。だからか会場内のファッションもクリーンな装いが多く、傾向としては落ち着きを見せた。男子であればスキニーデニムにVネックのカットソー、女子はマキシ丈のスカートやロンパースをリラックスしたシルエットやキレイなカッティングのアイテムで着こなす来場者が多かった。

【スナップ】「サマソニ'15」1日目にマリエや森永邦彦&山口一郎ペアも来場 アリアナ旋風で吹き荒れるツインテール

【スナップ】「サマソニ'15」東京2日目にBENIやVERBALらも来場 ファレルがハッピーに大トリを飾る

【関連記事】トム・ヨーク出演の深夜帯にファレル・ウィリアムスの大トリに サマソニ2015のファッション業界注目トピック

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。